修理の依頼方法

バッグが壊れて修理をしてほしい場合には、まず業者を探す必要があります。よく情報収集をして、安くて技術力が高く、信頼できるところが発見できれば最高です。よさそうな業者を見つけたら、まずは電話やメールで修理の依頼をするところから始めます。直接来店する場合には、メールや電話での連絡は必須ではありませんが、一応確認の電話やメールはしておくべきでしょう。

直接店舗まで持参する場合もあれば、配送をして修理をしてもらえる業者もあるのですが、近年では配送をして修理をしてくれる業者が中心になっています。配送方法なども業者がきちんと説明をしてくれるので、わかりやすく説明してもらえなかった場合には、別のバッグ修理業者に依頼した方がよいでしょう。店頭で修理の依頼をする場合には、現物を見て見積りを行ってもらえます。

配送を行う場合には、できるだけ詳しい情報を知らせることで、より正確な見積もりが可能になるでしょう。配送を行う場合には、必ず確認しなければいけないことがあるのですが、それは送料をどちらが負担するのかという点です。バッグ修理業者の場合には、依頼者が送料を負担するケースが多くなっているので、この点もきちんと計算に入れておかなければいけません。


大半の修理は可能

バッグ修理業者によって修理できる箇所などが多少異なる場合もあります。しかし、大半のバッグ修理業者であれば、どのような修理でも可能だと言えるでしょう。一般的に多くなっているのは、ファスナーの交換やスライダー、引き手の交換になっているのですが、他にもバッグに穴が開いてしまうこともあるでしょうし、持ち手が取れてしまうこともあります。

このような修理であっても可能な場合が殆どなのですが、修理に必要な料金や日数が異なってきます。だからこそどこの業者に依頼するのかをきちんと検討しなければいけません。場合によっては修理をするよりも、新しく購入した方が安くなってしまうこともあるでしょうが、ブランドのバッグであれば購入金額がかなり高くなるので、修理した方が安くなる場合が殆どです。

できれは公式ホームページが開設されている業者がよいでしょう。そうすればある程度情報収集ができますし、料金や修理できる内容などもきちんと明記されていることが多いので、より安心して任せることができます。店の場所なども詳しく書かれているので、地図をコピーして持っていけば、迷うこともありません。できるだけ修理内容や料金などが詳しく出ており、情報量が多い業者に依頼するのがよいでしょう。


修理に必要な金額

バッグ修理を行うのには、当然料金が必要になります。利用する業者や使っているバッグの種類によっても当然金額は異なるのですが、大体どれぐらいの金額で修理をしてもらうことができるのでしょうか。普通のバッグを使用している場合で、平均的な修理価格で見ていくと、引き手の修理の場合には大体2000円ぐらいが一般的になります。これは革の引き手の平均的な価格だと思ってよいでしょう。

引き手は金属になっている場合もあるのですが、金属の場合にはスライダーも一緒に交換するようになります。そのため、スライダーが壊れた場合と同じぐらいの料金がかかると思ってよいでしょうが、やはり平均的な価格は2000円ぐらいだと言えるでしょう。ただし、引き手が革になっており、スライダーも壊れていた場合には、両方とも交換しなければいけなくなるので、その分料金も高くなります。

では、ファスナーの場合にはどれぐらいの料金が必要になるのかというと、ファスナーは大きさによって料金が大きく異なってくるのです。30センチよりも短い場合には、5000円ぐらいで交換することができるでしょう。30センチよりも長い場合には、さらに1000円から2000円ぐらい料金が高くなる場合が多くなっています。これらの値段はあくまで平均的な料金なので、もっと高い場合も安い場合もあります。


バッグ修理の依頼

バッグが壊れてしまった場合には、買い替えるという人も多いでしょうが、安い物であればそれでもよいでしょう。しかし、中にはブランド物のバッグを使っている人もいるでしょうし、プレゼントにもらったので大切に使っているという人もいると思います。このような場合には、そう簡単に捨てられないでしょうから、業者に修理の依頼をすることもあるでしょう。バッグ修理をする人の多くは、引き手が取れてしまった場合や、ファスナーやスライダーが壊れてしまったという人が多くなっています。

引き手に関しては、金属の場合と革の場合があるでしょうが、スライダーの場合には金属になっているのが一般的です。これらが壊れた場合には、通常は交換となるのですが、比較的短い時間で交換できる場合が多くなっています。しかし、ファスナーの交換を行う場合には、それ相応の時間がかかってしまうことも珍しくはありません。そこで重要になるのが修理を依頼する業者選びです。業者選びに失敗してしまうと、時間もお金もかなりかかってしまうことになるでしょう。

場合によってはまたすぐに壊れてしまう可能性もあります。このようなことがないように、修理業者はよく検討してから選ばなければいけません。このようにバッグ修理を行うことによって、かなり長い期間同じ物を使用し続けていくことが可能になるのです。当サイトではバッグ修理の中でも、ファスナーの修理や依頼する業者のことを中心に記事を記載しているので、参考にしてみてください。